与太くの花道

誰のためにもならない与太話をうっかり吐き出したいブログです。(『マシンロボ』『レイズナー』など昔アニメを時々叫ぶことあり)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『デスノート the Last name』(ややネタバレあり注意)


見てきました。
前編はちょっとキャラがなんだなぁと感じつつ、
面白かったのでとっても楽しみにしてました。

後半感想。
ライトのキャラは、映画版はこれでいいなと。
私的に満足でした。
演技面でLの松山さんに注目が集まっているように感じていましたが、
藤原さんの最後は鬼気迫るものがあって、オーラさえ漂っている。
漫画では、ライトの演説に納得できないのに、映画版ではうっかりそうかも、と思ってしまいそうになるのは、最後に崩れ行く藤原さんの演技によるものだと思います。

前編よりずっとせつなさがアップしており(感情移入しやすくなってる)どのキャラの視点からでも物語を見ることができました。
特にミサは原作より最後が良かったです。

トリック編は残念ながら自分の思っているのが、合っているのかどうかネットサーフィンで確かめるという情けなさでしたが、だいだいのところはあっておりました。原作のおかげかな。

あと、Lの食べてるピンクのすあま。
かまぼこにしか見えませんでしたよ(笑)
あとみたらし団子!わたしもやりたい!

よって、デスノート(後編)
レイトでも眠らず、楽しめました。

スポンサーサイト

Menu

プロフィール

ごんた

Author:ごんた
これでいいのか自問自答な30代。今になって昔見たアニメが気になってしょうがなく、時代を後退しつつ萌えの日々。自分的昔アニメは1970年代から1987年くらいまで。1990年代は新しいアニメです。。

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。